第五回 ダルマ女の本当の原典?「オルレアンの噂」 | SM出会い 攻略所

オス向けブタ箱の決定版

女性にアナル開発をしてもらいたい。率直にそう思うなら、女王様多数の専門サイトを今すぐ活用すべきです。

使ってみる

第五回 ダルマ女の本当の原典?「オルレアンの噂」

ユダヤ人が経営するブティックの試着室で若い女性が催眠薬の注射を射たれ
店の奥地下を通って海外に売り飛ばされるという事件である。

この噂がオルレアン中に広まり街中大パニック状態となった。
噂を聞いた人々がそのブティックに集まり、マスコミがそれを取り上げた事で
「オルレアンの噂」と呼ばれるようになり、しかし誰も真実は知らなく「噂」となっている。

1969年、フランスのオルレアン地方で
「ブティックに入った女性が次々と行方不明になる」という噂が流れる。
疑惑の店舗は6軒で、その全てがユダヤ人が経営している、と続いた。

実際にはそんな事件は発生していなかったのだが、民衆はユダヤ人に敵意を示し
暴動寸前の事態となるが、「この噂は反ユダヤ主義者の陰謀だ」と
新聞が報じると事態は鎮静化に向かった。

しかし、この報道も事態を鎮める為に作られた対抗神話である可能性が指摘されている。
「人が忽然と消える話」は、日本の神隠しをはじめ、世界中に古来から存在するが
その舞台が「ブティック」に限定されたのは、この事件の影響であると考えられる。

他にも同じ様な都市伝説の例をあげると
とあるブティックの試着室に入った女性が、いつまで待っても出てこない。
一緒に来た夫や彼氏、友人が店員に尋ねても、「そんな客は来なかった」と返されてしまい
結局行方不明になってしまう、というもの。

行方不明者のその後には、様々なバリエーションがある。

売春宿、闇奴隷市場:「だるま女」・「中国奥地の達者」につながる場合も。
臓器売買:闇組織の関与が示唆される。人肉売買:「隣の肉屋に巨大な肉の塊が」などと続く。
スウィーニー・トッドなどの殺人鬼譚と関連付け。いずれも「海外旅行中の事件」とされることが多い。

この都市伝説は「オルレアンの噂」と呼ばれる事件が発端とされる。

しかし、この女性誘拐のうわさは、まったくの事実無根で被害者はいなかった。
と言う風にオチを付けられているが、個人的にはそれはタダの隠蔽な気がしてならない。
騒ぎを収める為につかれた嘘なのかもしれない。真偽は事件当事者にしかわからないだろう。

前:ダルマメールとは?達磨女特集TOPへ|次:実際にだるま女なんているのか?

達磨女特集 目次

カテゴリ:だるま女特集タグ: ,

言うことを聞ける奴募集

  • 徳島県
  • 梗香
  • 28才
  • 足踏みペニス拷問

生意気な男にはうんざり…。足でコキ使える従順な奴隷だけ募集します。 情けとか容赦とか期待すんな。鞭打ちとか蝋燭もいいけど、金蹴りとか平手打ちとか、精液搾取とか好きだからやるよ? 顔も体も関係ないから服従できる奴募集。キモいおっさんも足でシコってあげるから感謝してね。

詳細確認

関連のある記事

女王様に射精管理されたい『オスブタ箱』

サイト内検索

好きなワードやSMプレイを入力!!

おすすめSM出会いサイト

オスブタ箱

SMやアナル拡張に興味があるなら、まずはここで女王様やマゾ女性との出会いを探しましょう。SM初心者にオススメのやさしい出会いサイトです。

おすすめSMツーショット

エクスタシークラブ

24時間利用可能!近所の相手がすぐ見つかると評判のSMツーショットテレフォンセックス。