奴隷の証・タトゥーを入れて後悔する前に | SM出会い 攻略所

奴隷の証・タトゥーを入れて後悔する前に

主従関係の明確な表明に、SMパートナーの奴隷に対してタトゥーを入れさせるという行為。
知っての通りタトゥーは一度入れるとその後の一生をずっと付き合わなければならなくなります。
入れる本人もそうですが、入れさせるパートナーも、しっかりと後々の事を考えて行動しないと必ず後悔するでしょう。
今回はノリと勢いでタトゥーを入れて後悔しないよう、じっくり考えて欲しいというお話です。

SMプレイに限らず、付き合っている恋人や夫婦の間で愛の証として入れるカップルも多いです。
しかしその関係が終わってしまい、証の意味をなさなくなってしまう事もまた、多いケースです。
タトゥーを入れて後悔してしまう人とは、このように関係が終わってしまった人と、入れた事で生まれる弊害によって後悔する人の2パターンがあります。
前者は単純にタトゥーに込めた思いや信念がなくなり、タトゥーが邪魔な存在になってしまった人。
後者は入れたタトゥーの証は本物だが、一般の人が普通に出来る事が出来なくなった事から後悔する人です。
一般の人が出来る事が出来なくなるとは、例えばスーパー銭湯やプール、スポーツジムなどから入る事を拒否されたり、就職や業種によっては仕事が出来なくなる事。
タトゥーの存在で、世間から普通の人とは違う扱いをされて後悔してしまうのです。
タトゥーとはオシャレの一環でもありますが、他の人とは違うという事や個性を意思表示したかったり、普通の人との差別化等を求めているから入れたくなるのが本来の心理。
そんな事を理解せずに覚悟も足りないうちに入れてしまった人が後悔するのです。

最近ではレーザー治療などで消すこともできますが、入れる前のキレイな肌には二度と戻れません。
もともと入っているタトゥーの上から別のデザインに変えてリメイクする事も可能ですが、そんな事をしたり考えたりする人ほど強く後悔していると思います。

そして、タトゥーを入れさせる側は、タトゥーを入れさせた事で後悔をする事は無いでしょう。
何故なら、自分にはタトゥーを入れたことで生じる弊害の影響が無いからです。
パートナーがアナタに従順なほど、タトゥーを入れる事に否定的ではありません。
そういう人ほど後の事なんて何も考えていない事も多いです。
そして実際に入れた後で関係が終わっても、入れた側は「お互い合意の上だったから」と、今後意味をなさないタトゥーに対してのケアは何もしないでしょう。
気持ちとモラルの問題にはなりますが、パートナーに入れさせたのなら最後まで凛として主従関係を貫く覚悟を持った方がいいと思います。

カテゴリ:SM・変態フェチ特集タグ:

突っ込むの好きです

  • 東京都
  • とーこ
  • 27才
  • アナル開発

マゾな男性のアナルに手を突っ込むのが好きです。 女の子みたいに犯されて喘ぐ男を観ると興奮します。 経験人数は多いのでアナル拡張も上手い方だと思います。 アナル開発未経験の男性は連絡ください。

詳細確認

関連のある記事

女王様に射精管理されたい『オスブタ箱』

サイト内検索

好きなワードやSMプレイを入力!!

ハメ撮りもしたい

SMサイト

撮る・撮られる快感や緊張感も感じたい。調教の記録を残したい。性的興奮をもっと高めたい。そんな変態嗜好におすすめ!