第八回 肛門開発での危険性について | SM出会い 攻略所~初心者でもわかるプレイガイド~

第八回 肛門開発での危険性について

アナルパートナーのアナル

肛門は本来、排泄の役割を担っている場所です。便の具合によって体調がわかったりもするほど 敏感な器官です。それを調教しようというわけですから、必然的に怪我や病気のリスクが跳ね上がります。 かの有名なエイズアナルセックスで出来た傷口からが最も感染率が高いといわれています。

なので、前項で説明したとおり指でもアナルを弄る際にはコンドーム装着が推奨されています。 後、おまんこと違って潤滑油が分泌されない為、ローションは絶対に必須になります。 ちゃんと準備や道具が揃っていればアナル調教でそこまで恐れる必要性はありません。

他にも、アナルに液体を使って調教するという方法もあります。いわゆる浣腸調教です。 冷たい水で浣腸調教をしてしまえば、お腹が冷えて下痢の原因にもなります。あえて下痢にさせて マゾ奴隷に恥ずかしい思いをさせるというプレイもありますが危険なのには変わりありません。

逆に熱いお湯で浣腸してしまえば直腸がやけどの原因にもなります。 人肌では丁度よくてもアナル内部では熱が粘膜にダイレクトに伝わるので危険です。

アルコール浣腸の危険性について

最初にも言ったとおりアナルは液体の吸収がすさまじく早いです。 なので、アルコールで浣腸してしまうとお酒を一気飲みしてしまうのと同じ以上に危険です。 最悪急性アルコール中毒でぽっくり逝ってしまう可能性も高いといわれています。

少量のお酒を浣腸してもダイレクトにアルコールが摂取されてしまうので酔っ払うでしょう。 もしアルコール浣腸をするのであれば少しずつ注入できる注射器を用意するのがベストです。 少しずつアナルにアルコールを注入していけば酔っ払ってくるので限度に気付きやすいでしょう。

アルコール浣腸をした時はアナルセックスは控えた方が懸命です。 コンドームを装着するのであればまだいいですが、生でのアナルセックスをしてしまえば 貴方のチンコの粘膜にも直腸に残っているアルコール成分が吸収されてしまいます。

先ほど言ったように粘膜にアルコールはとても危険です。生でのアナルセックスは 粘膜に傷が付きやすいので性病の元になるうえにアルコールが染みて激痛になります。

アルコール浣腸を望んでいる被虐願望の強いマゾ奴隷をお探しならコチラ

アナル 開発

アナル調教を十分に受けたマゾ女は更に快楽を求め浣腸調教に走る傾向にあります。そして鬼畜なご主人様に出会いアルコール浣腸をしてもらいその快楽を覚えてしまい、更なるアルコール浣腸調教を求めてご主人様を募っています。

どんな調教も耐えられる被虐マゾ奴隷をお探しの方はコチラ

カテゴリ:アナル調教 特集タグ:

言うことを聞ける奴募集

  • 徳島県
  • 梗香
  • 28才
  • 足踏みペニス拷問

生意気な男にはうんざり…。足でコキ使える従順な奴隷だけ募集します。 情けとか容赦とか期待すんな。鞭打ちとか蝋燭もいいけど、金蹴りとか平手打ちとか、精液搾取とか好きだからやるよ? 顔も体も関係ないから服従できる奴募集。キモいおっさんも足でシコってあげるから感謝してね。

詳細確認

関連のある記事

近所の奴隷とお手軽遊び!全国のM奴隷簡単検索!『奴隷遊び』

サイト内検索

好きなワードやSMプレイを入力!!

ハメ撮りもしたい

SMサイト

撮る・撮られる快感や緊張感も感じたい。調教の記録を残したい。性的興奮をもっと高めたい。そんな変態嗜好におすすめ!