鬼畜アナルダブルフィストの現実 | SM出会い 攻略所

M女を調教してご奉仕奴隷にする

変態マゾ奴隷。M女は変態であることに誇りを持っています。調教をしてさらに変態に育てましょう。

使ってみる

鬼畜アナルダブルフィストの現実

アナルダブルフィスト

アナニーや前立腺でのドライオーガズムに慣れてくると、もっと過激なプレイを楽しんでみたいと思うものです。
たとえばSM専門サイトで女王様に出会い、彼女たちから激しいペ二バンファックを受けたりするのが特に人気みたいですね。

そして最近ではそういった逆アナルプレイにすら満足できず、なんとダブルフィストファックを楽しむ男性も増加中なのです。
実は私がそのダブルフィストを体験した一人なのですが…、正直、このプレイはあらゆるものが破壊される超危険過激プレイでした。

まず今回は一人の女王様に両腕をアナルに突っ込んでもらうかたちで楽しんだのですが、突っ込んでもらう時の圧迫感はまさに壮絶です。
これまでに利用したことのあるあらゆるディルドやバイブ、エネマグラよりもあからさまに大きな異物が挿入されるわけなので、何度も声が出なくなるくらいの衝撃をアナルで感じました。

そして奥の方まで突っ込まれると前立腺が強打されるような感覚で、ただそれだけで勝手にトコロテンが始まるような感覚でした。
さらに前立腺への刺激が容赦なく続くため、トコロテンしながらドライオーガズムのようなアクメを全身で感じ、快楽で死ぬんじゃないかと思ったくらいです。

「すごい顔になってるわよ?大丈夫?」

「…!……、…!」

もはや声も出ないくらいに壊れるように感じていたので、おそらくこのダブルフィストファックは私の人生でもっとも破壊的に気持ち良いSM調教だったのではないかと思います。
最近エロいことに欲求を持てないという人や、アナニーやアナルファックの新たな地平線を目撃したい人には出会いサイトで女王様とダブルフィストを楽しんでみることをお勧めします。

カテゴリ:アナルSM体験談タグ: , ,

縛った男性なら大丈夫です

  • 愛媛県
  • coco
  • 22才
  • 緊縛プレイ

昔から男性恐怖症というか、男の人を縛っておかないと落ち着きません。 事前に自縛して頂いたら、私の中に居る悪魔が目覚めて過激な調教を始めます。 自縛した身体をもっとキツく縛って、スパンキングとか顔面騎乗とか、一方的に責めてしまいます。 私のサドな本性を目覚めさせてくれる、自縛好きの変態さん、一緒に遊んでください。

詳細確認

関連のある記事

近所の奴隷とお手軽遊び!全国のM奴隷簡単検索!『奴隷遊び』

サイト内検索

好きなワードやSMプレイを入力!!

どんなフェチプレイも可能!

SMサイト

あなたの変態性癖を満たすプレイができる。マニアと変態が集まるフェチサイトオープン!