第五回 緊縛調教プレイの危険性について学ぼう | SM出会い 攻略所

第五回 緊縛調教プレイの危険性について学ぼう

緊縛調教は、縛ってハイ終わり!若しくは縛って犯す!
というパターンが多いですが、縛られている側は最悪死ぬ危険性があります。
ここでゾっとした人は緊縛師としてやっていける才能はあると思います。

硬い材質のもので縛ったり、身体に食い込むほどの強さで縛ると
縛られた部分がうっ血して壊死してしまう危険性があります。
そうなると、故意がなくても犯罪者になってしまいますので注意しましょう。

後は、緊縛調教で必ず避けられない後遺症は
縄で縛った跡でしょう。日常生活でも見えてしまう部分に跡が残ると
周りからのイメージが悪くなり、その人にとってあまり好ましくない状況になります。

緊縛調教を行う際は、この危険性を相手も自分も理解したうえで
緊縛調教を行う事にしましょう。緊縛調教に自信がなければ
危険性が少ない場所から縛っていく事を強くお勧めいたします。

前:教えて!多数ある緊縛調教方法の種類緊縛調教・自縛特集TOPへ|次:美しい緊縛調教の為の反復レッスン

カテゴリ:緊縛調教 特集タグ: , ,

縛った男性なら大丈夫です

  • 愛媛県
  • coco
  • 22才
  • 緊縛プレイ

昔から男性恐怖症というか、男の人を縛っておかないと落ち着きません。 事前に自縛して頂いたら、私の中に居る悪魔が目覚めて過激な調教を始めます。 自縛した身体をもっとキツく縛って、スパンキングとか顔面騎乗とか、一方的に責めてしまいます。 私のサドな本性を目覚めさせてくれる、自縛好きの変態さん、一緒に遊んでください。

詳細確認

関連のある記事

女王様に射精管理されたい『オスブタ箱』

サイト内検索

好きなワードやSMプレイを入力!!

ハメ撮りもしたい

SMサイト

撮る・撮られる快感や緊張感も感じたい。調教の記録を残したい。性的興奮をもっと高めたい。そんな変態嗜好におすすめ!