「花と蛇」 団鬼六先生 逝去 | SM出会い 攻略所

全国の足フェチに捧ぐ

女の足、脚、足裏が大好きな人たちへ捧ぐ完全足好き専用出会いサイト。美脚やむっちりふとももが好きな変態紳士と淑女に出会って、快適な足好きライフを楽しんでください。

使ってみる

「花と蛇」 団鬼六先生 逝去

団鬼六先生

作家・団鬼六先生の公式ブログ「鬼六ブログ」によりますと
先生が平成23年5月6日に79歳で逝去されたことが発表されています。

団鬼六(本名:黒岩幸彦)
日本の官能小説の第一人者として知られる。5月6日午後2時6分
胸部食道がんのため順天堂大学病院で亡くなった。享年79歳。

1931年滋賀県彦根市生まれ。関西学院大学法学部卒業後、57年に「親子丼」で
文藝春秋オール新人杯に入選。バーを経営したり、教師をしたりしていたが
60年代に「花と蛇」が人気を博し、官能小説の第一人者となる。

その「花と蛇」は、谷ナオミが主人公の静子を演じた
74年版を皮切りに、これまで幾度となく映画化されてきた。

21世紀に入ってからは、杉本彩が2度に渡り静子役で主演。
昨年8月には小向美奈子が主人公の静子を演じた『花と蛇3』が公開となり、
初日には原作者の団も舞台挨拶に元気に登壇。

作品の感想を聞かれ

「静子役の小向さんがすごく良かった。
今までの女優にはSMの気がなかったが、彼女にはある。僕は目を見たらわかる」

と話し会場を沸かせていた。

なお、通夜は5月15日18時より、葬儀・告別式は5月16日11時から、増上寺光摂殿にて行われるという。

団鬼六先生の御冥福をお祈りいたします。

カテゴリ:SM情報BOXタグ: ,

鬼とか悪魔とか言われます

  • 福岡県
  • ペシェ
  • 21才
  • アナルファック

愛の篭ったお仕置きを受け止められる男は居るかな? よく鬼とか悪魔とか言われるくらいハードな調教するけど耐えてほしいな。 むしろ悦んでペニバンをケツ穴で受け入れる男にしか興味ない…。 ずっと年上でお利口さんのおじさんにはたっぷり愛を注いであげるよ?

詳細確認

関連のある記事

女王様に射精管理されたい『オスブタ箱』

サイト内検索

好きなワードやSMプレイを入力!!

おすすめSM出会いサイト

オスブタ箱

SMやアナル拡張に興味があるなら、まずはここで女王様やマゾ女性との出会いを探しましょう。SM初心者にオススメのやさしい出会いサイトです。

おすすめSMツーショット

エクスタシークラブ

24時間利用可能!近所の相手がすぐ見つかると評判のSMツーショットテレフォンセックス。