性奴隷になったM性癖の女 夫がいない平日昼間に調教される主婦の告白 | SM出会い 攻略所~初心者でもわかるプレイガイド~

性奴隷になったM性癖の女 夫がいない平日昼間に調教される主婦の告白

※SM変態LOVERSより抜粋※

SM出会い攻略

私には、秘密があります。

それは、夫に内緒で、他の男性によって性的に調教され、虐げられながら、セックスを強要されて悦ぶ女だということです。

私は、ご主人様の性奴隷であることが至高の悦びなのです。

私が、いつ、どこでも、たとえ静かな病院の待合室や町内会合の最中だとしても、ご主人様による数々の調教、そして私を罰するように行われる性交を思い出すと、ブラジャーの下で乳首が硬さを帯び、ショーツに染みるほどはしたなく濡れてしまうのです。

ご主人様は私の首に、いつもの黒革の首輪を装着すると、言いました。

「今日は、そこの椅子に乗ってみようか、繭子」

「はい。ご主人様」

一礼し、所々からベルトやチェーンが飛び出た、奇怪な形をした黒い椅子の上に腰を乗せます。

前日にサロンで赤いペディキュアを施した両足は、上方の足乗せ台に置きます。

目の前のソファに冷たい顔で腰掛けているご主人様の視界には、開脚して座る私の、黒い茂みの奥にある肉の合わせ目まで見えているはずです。

「……、っ」

ご主人様に、裸体の私の秘部まで、じっくり見られている。

ふしだらな私の秘部はそれだけで性的興奮状態となり、淫らな液を分泌し始め、心拍数が上がってゆきます。

「おい。繭子はもう、いやらしい顔をしているな。早々に濡らしているんじゃないか」

「いえ、ご主人様、そんなことは」

「嘘をついても無駄だ。淫乱なお前の性器の奥までしっかり見えるように、次は下のほうを丸刈りにする必要がありそうだな」

「ご主人様、それは、下のほうの毛だなんて、そんな……」

カチリ。ご主人様が、拘束椅子のベルトで私の腰を固定すると、手にした小さな赤いクリップを開き、私の乳房の先端を挟み込み、取り付けました。

「はうっ、ッッ!!」

ジンジンと乳房の先端に広がる刺すような刺激に、思わず背が反り返ります。

突然、罰ではなくご褒美を与えられ、爆発的な性興奮が身体中を駆け巡ります。
ぺちり。無防備な太ももに、黒いバラ鞭を軽く当てられ、身をすくめる私を見下ろしながらご主人様が抑揚のない声で言います。

「どうせもう、こっちのほうも濡らしているんだろう」

「ひっっ、ふうぅっ……」

スルリと、細い帯が束になったバラ鞭の先端が太ももの内側をなぞり、くすぐったい快感に、剥き出しの下肢が小刻みに動いてしまいます。

ピシリ。
今度は太ももの外側を鞭で弾かれ、クリップ挟みの乳首の快楽でぼやけた頭が覚醒していきます。

「ひあぁあッッごしゅ、ご主人様ァッそこはアッああああっ」

「そこが、何だ? 声に出して、ちゃんと言ってみろ」

ベチベチと、敏感部をえぐるように鞭が行き来し、強い快楽が秘部に走ります。

「そこは、きもちいい、んです……、っ」

「そこって何のことだ? 言うんだ、声に出して」

「ク、ク……クリ、クリトリスです……私の、変態クリトリスが、ご主人様にぶたれると、きもちいいんですっ……」

バシイイッ――!!

「ん”あ”あ”ああッッーー!!」

勃起したクリトリスをめがけて、バラ鞭を強く叩き付けられました。 激しい快楽に腰が飛び跳ね、視界に閃光が走ります。一瞬何がなんだかわからなくなりました。 やっと、目の前がはっきりし始めた頃、周りを見渡すと、足先まで水飛沫に濡れています。拘束椅子や床にまで水滴が飛び散っていました。 SM変態LOVERSで続きをよむ SM出会い攻略



カテゴリ:人妻系 SM出会いサイト分析タグ: , ,

縛った男性なら大丈夫です

  • 愛媛県
  • coco
  • 22才
  • 緊縛プレイ

昔から男性恐怖症というか、男の人を縛っておかないと落ち着きません。 事前に自縛して頂いたら、私の中に居る悪魔が目覚めて過激な調教を始めます。 自縛した身体をもっとキツく縛って、スパンキングとか顔面騎乗とか、一方的に責めてしまいます。 私のサドな本性を目覚めさせてくれる、自縛好きの変態さん、一緒に遊んでください。

詳細確認

関連のある記事

奴隷を本気で調教!BDSM系コミュ『奴隷契約所 Marquide』

サイト内検索

好きなワードやSMプレイを入力!!

ハメ撮りもしたい

SMサイト

撮る・撮られる快感や緊張感も感じたい。調教の記録を残したい。性的興奮をもっと高めたい。そんな変態嗜好におすすめ!