医療プレイでアナルアクメ!優しいナースさんの搾り取りにもう昇天! | SM出会い 攻略所

初心者マゾ女装子求む

処女アナルをお持ちの女装初心者の方、至急お集まりください。拡張大好き女王様が調教相手を募集中でございます。

使ってみる

医療プレイでアナルアクメ!優しいナースさんの搾り取りにもう昇天!

普通のセックスよりお尻の方が気持ちよいと感じるようになり早1年、勇気を振り絞り医療専門の風俗に行ってきた。
お尻が感じるなんて彼女に打ち明けれるわけもなく、普段はもっぱらアナニーを夜な夜な楽しむだけだった俺。
風俗は自分の希望通りの事をやってくれる、俺にとっては天国のように思えた。
俺の希望は、アナル責め・浣腸でナースと患者設定もオプションで。
そんな希望を叶えてくれる女の子は、24歳のスレンダータイプのみゆちゃんという子。
ナース姿ににっこり笑顔で、まさに白衣の天使だった。

「こんにちは、○○さん。今日はお腹の調子が良くないみたいですね?みゆがちゃんと診てあげるのでまずは横になってくださいねっ」
とりあえず全裸になって、みゆちゃんの言うとおりベッドに横たわる。
そして、すぐにみゆちゃんがこっちにきて細くて可愛らしい手が俺の身体全体をサワサワ・・・と触るもんだから、恥ずかしいけど我慢も出来るわけなくフル勃起。
顔も真っ赤になって息遣いが荒くなっていく俺を見て、みゆちゃんはニッコリと笑っていた。
「すっごいドキドキしてますねっ、○○さん。アソコも硬くなっちゃってっ♪それに・・・お腹はどうやら便秘気味みたいですね?ちょっとあれ持ってきます♪」
そういうとみゆちゃん一旦部屋を出ると、結構太めの浣腸器を持って現れた。
「初めてみたいなので痛くはしないので大丈夫ですからねっ、○○さん♪」
そうはいっても、太い浣腸器を見て少しブルってしまったがここは任せることに。
お尻を突き出して、お尻の穴が見えるようにした状態でスタンバイ・・・これまたかなり恥ずかしい。
「ふふっ、○○さんって可愛いっ。じゃあ、ちょっとずつ入れていきますね?」
みゆちゃんの言葉とともにグゥーンと、アナルに体験したことのない感覚が。

そして冷たくて、お腹がどんどん膨れていくような感じがして思わずアナルに力が入ってしまう。
とはいっても、俺のアナルには浣腸器がぶっ刺さっているわけで抵抗出来る筈もなかった。
いわゆるお腹がカエル腹の様になって、出べそ気味の臍がいつも以上にポコンと出ている気がした。
ギュルルルルと鳴り始めたパンパンのお腹・・・、もう限界!!
限界だとみゆちゃんに合図を送ると、チュポッと浣腸器が抜かれた気がした。
それとともに限界だった俺の腹が解放され、ブッシュアアアアアアアという音とともにウンコを撒き散らした。
可愛いみゆちゃんに大量浣腸された上にこんな姿まで見られてしまった・・・。
自分が望んだ事だが恥ずかしさが今まで以上にこみあげてきた。
そんな俺を見て、ニッコリと小悪魔な表情を見せるみゆちゃん。
「○○さん、こんなに出ちゃいましたね。ふふふっ♪それに・・・こっちの方も出ちゃってるじゃないですかっ♪」
どうやら俺は気づかない内に射精していたみたいで、チンコの先からは精子がダラダラと出ていた。
みゆちゃんはすかさず俺のチンコを握りしめて、精子をペコっと舐めながらシコシコ。
浣腸とおまけに射精したばかりで身体が余計に敏感になっているからか、少しシコシコされただけでまた逝きそうになった。
しかも力が入ったせいか、アナルから少しまたウンコがブシャッと出てもう俺はどうにかなりそうだった。
恥ずかしい、けど見られたい・・・もっとおかしくなりたい。
まんざらでもない表情の俺をみたみゆちゃんは、そのまま動きを止めることなく次はアナルも触ってきた。
拭いてないしウンコがついてるだろうに・・・と思いつつ、それを考えたらまた興奮してきた。

ヌチャヌチャといやらしい音に色んな匂いが充満し始めた部屋。
みゆちゃんの指が俺のアナルに出入りするたびに、腰がヒクヒクなってそのまま砕けてしまいそうだった。
「みゆもっと虐めたくなっちゃいました。だって、○○さんの感じてる姿本当に可愛くて・・・。それにアナル、すっごいヒクヒクしてますよ?気付いてました?」
俺が言葉を発する前に、もうみゆちゃんの手はさらに動いててクイっと指を曲げてどうやら前立腺を刺激しているようだった。
電流が走ったようにビクンと身体が反応し、思わず吐息も漏れてしまう程に本当に感じてしまった。
身体のひくつきが止まらなくなり、もう我慢の限界。
ドュリュリュリュリュッッ!!!と今まで感じた事がないくらい俺は射精をしてしまった。
勇気を振り絞って行った初めての風俗、初めてのアナルとしては、十分すぎる程だった。
「気持ちよかったですか?○○さん。じゃあ、お薬出しておきますね♪」
お薬・・・?と思ったが、みゆちゃんは、自分の名刺と何故かイチヂク浣腸を渡してきた。
名刺を見てみると、そこには「お家でイチヂク浣腸してもっと感じるアナルになってきてください♪」と書かれていた。
もっと感じるアナルに、という言葉にこれ以上感じてしまったらどうなるのか?という期待感でまたもや興奮してしまった。
今まで体験してこなかった自分に後悔しつつ、次はアナル拡張をお願いしようとそう決めたのだった。
完全にアナルプレイの沼にハマってしまった。

カテゴリ:S女性とSM体験談タグ: , ,

突っ込むの好きです

  • 東京都
  • とーこ
  • 27才
  • アナル開発

マゾな男性のアナルに手を突っ込むのが好きです。 女の子みたいに犯されて喘ぐ男を観ると興奮します。 経験人数は多いのでアナル拡張も上手い方だと思います。 アナル開発未経験の男性は連絡ください。

詳細確認

関連のある記事

お尻・アナル調教に特化したアナルSNS【おしりクラブ】

サイト内検索

好きなワードやSMプレイを入力!!

どんなフェチプレイも可能!

SMサイト

あなたの変態性癖を満たすプレイができる。マニアと変態が集まるフェチサイトオープン!