緊縛で“さらに感じやすい体”を手に入れる | SM出会い 攻略所

SM専門出会いサイトの代表格

まずは一度SMの世界を体験してみたい。そんな初心者さんにはここがお勧め。自分がSなのかMなのか、実際に異性と出会うことで理解できるでしょう。

使ってみる

緊縛で“さらに感じやすい体”を手に入れる

SMプレイ

SMプレイをしていく中で身体の感情はとても重要だと思います。楽しむために感覚を研ぎ澄ませること。より気持ちよさを感じるために、よりプレイを楽しくしていくために、性感帯の開発や新しいプレイの挑戦など感情を十分に開放させ満足度や爽快感を高めていく。ただの性欲満たしだけではなく、「自分へのご褒美」的な感覚でSMも普段の日常に溶け込んだ楽しみ方をしていくのが素敵なんじゃないかと思います。

そんなことを考えた先に感覚を研ぎ澄ませ性感帯を開発していくということで緊縛がいいのではないだろうか、と思いました。

SMプレイが好きならば一度は縛ってみたい・縛られてみたいと思ったことはあるでしょう。
緊縛は王道中の王道だからこそいいんです。

普通「拘束される」「行動を制限される」ことは非常に苦痛を感じます。緊縛に興味があるマゾでも行動の不自由さは本能的にストレスを感じるでしょう。
しかし、この不自由さがマゾ調教には必要なのです。
身動きできない不自由さにドキドキ感をおぼえ興奮する
(拘束されている為)抵抗できずなすがままの状態に興奮する
緊縛プレイは奴隷感を味わうことが出来るプレイである
というように普通は「イヤ」なことでもマゾには身体と心を調教するいい材料となります。

また「Mじゃない」と言っている人でも上記のような感覚をおぼえたのなら、まだ心も身体も目覚めていないだけでマゾとしての素質があります。新しい自分を発見出来るかもしれません。

相手がいないという人でも感じやすい体作りとして「自縛」する方法を取ってみてください。S、M関係なく自分を縛るということに緊張を感じ敏感な部分はより敏感に感じるとこが出来ます。状況(視覚)から見る自分の状態に新鮮さとドキドキ感と恥ずかしさを感じながらオナニーもひと味違って気持ちがいいものとなると思います。
そして一度体験することで「S」なのか「M」なのかどっち側の気持ちで強く感情が動いたのかわかると思います。

緊縛は難しいですが「亀甲縛り」とか「股縄」などちゃんとした縛りじゃなくてもいいと思うのです。自縛の場合はそもそもできないですしね。何となく形になっていればOKなくらい緩い気持ちで緊縛を楽しんでみると緊縛という堅苦しいイメージや難しさがなくなります。
ここで注意することはひとつ。名前の付いた縛り方じゃなくても縛るコツや気を付けることはしっかり把握しておくこと。
絞めつけ過ぎで血管の強い圧迫によるしびれが残ったり、関節を痛めたりすることがあるので無理な体勢で縛ったり、強く締め過ぎるなど危険なことはしないようにしてください。

気持ち良く拘束されていなければ性感帯も開発されません。気持ちよく不自由な思いをさせるよう心がけます。普通の緊縛もそこは自縛も同じです。

感じやすい体を作る時に緊縛と合わせてやりたいことは
恥ずかしいポーズで固定する
しっかり自分を見る
ことだと思います。
恥ずかしいポーズは自然と隠そうとしたくなるはずですが縛られているのでそれができません。その羞恥心をあおることが感じやすい身体づくりの土台になります。
自分の目で自分の状態を確認するということも同じです。目隠しをプラスすることも多いですが、せっかく身動きが取れない不自由さを体験しているので、「いいようにされる自分」をしっかり目に焼けるようにすれば興奮材料となります。

このように緊縛プレイはその縄の美しさのにならず、さらにSMに適した体作り、感覚の覚醒に必要なプレイだと思います。
難しく考えず楽しく緊縛プレイを試してみてください。

カテゴリ:SM出会いサイト体験談タグ: ,

突っ込むの好きです

  • 東京都
  • とーこ
  • 27才
  • アナル開発

マゾな男性のアナルに手を突っ込むのが好きです。 女の子みたいに犯されて喘ぐ男を観ると興奮します。 経験人数は多いのでアナル拡張も上手い方だと思います。 アナル開発未経験の男性は連絡ください。

詳細確認

関連のある記事

近所の奴隷とお手軽遊び!全国のM奴隷簡単検索!『奴隷遊び』

サイト内検索

好きなワードやSMプレイを入力!!

どんなフェチプレイも可能!

SMサイト

あなたの変態性癖を満たすプレイができる。マニアと変態が集まるフェチサイトオープン!